最初に読んでほしい記事③セブ島留学の費用について

最初に読んで欲しい記事

こんにちは、セブルートエージェント代表の和久井港(@misanwakui)です。

セブ島留学をご検討中のみなさんが最も気になるのは【費用】だと思います。当記事ではセブ島留学費用の相場とお得なキャンペーン情報などをご紹介しています。

また語学学校が行なっているキャンペーンの他にもセブルートエージェントが独自に始めるキャンペーンについてもご紹介しますので、ぜひご確認ください。

もくじ

  • セブ島留学、授業料の相場は1ヶ月25万円
  • 授業料が安い語学学校おすすめベスト3
  • セブ島留学は「安かろう悪かろう」なのか
  • まとめ

セブ島留学、授業料の相場は1ヶ月25万円

セブ島留学1ヶ月(4週間)の相場は約25万円程度です。この金額には【入学金、授業料、滞在費、往復航空券と現地支払い費用】が含まれています。

欧米諸国への1ヶ月の留学が約50 ~ 60万円と言われているので、やはり欧米留学と比べるとかなり安く感じられるかもしれません。ただ、相対的にいくら欧米よりも安いとは言っても、絶対的に25万円という金額は決して安い金額ではないと思います。

特に学生さんにとって25万円の支払いはかなり厳しいと思います。

ちなみにこの25万円で支払うサービス概要は以下のような感じです。

一般的なセブ島留学費用

  • 入学金:15,000円
  • 授業料+滞在費(寮):177,500円(2人部屋)
  • 空港ピックアップ:約3,000円
  • 電気代:約4,800円(4週)
  • テキスト:3,000円前後
  • SSP:約12,000円
  • \ここまでの合計が215,300円/
  • 航空券:往復35,000円(時期による)

続いては、海外保険とお小遣いについてです。大学生や社会人の方は4週間の留学であればクレジット付帯の海外旅行保険で問題ありません。(※)高校生またはクレジットカードを所有していない場合は海外保険に加入する必要があります。

お小遣いについて

私が初めてセブ島留学をした時に持っていったお小遣いは約5万円程度でしたが、普通に余りました。

1日3食提供している語学学校であれば、外食に行く回数もそんなに多くはなりません。週末の夜にお酒を飲みに行っても一般的な価格のレストランであれば瓶ビール1本約120円程度で飲むことが可能ですし、コンビニであれば約60円~70円で瓶ビールを購入することが可能です。

もちろんレストランの食べ物も基本的には安いです。そのほかに、煙草はマルボロが1箱約200円、タクシーは初乗り約80円、マッサージは全身で約700円程度です。

まともな留学生活をしていれば確実に5万円のお小遣いでもお釣りがくるはずです。

授業料が安いおすすめの語学学校ベスト3

第1位 TARGET Global English Academy

左:和久井 右:石原社長

セブ島格安留学のパイオニアとして第一線を走り続ける伝統のある語学学校です。TARGETの良い点は、授業料が安いことだけではなく、カリキュラムがかなり優れているという点です。

TARGETのカリキュラムは日本でGoogle、楽天、外務省などのエリートに英語を教えていたプロ講師とアメリカの大学院に進学し、翻訳家としても活躍していた英語専門家の二人で開発されています。

セブ島で最も価格帯が安く、また同時にセブ島で最もクオリティの高い授業を受けられる学校、それがTARGETです。

第2位 3D ACADEMY

左:namuさん 右:和久井

3D ACADEMYはセブ島で最も多くのコースを提供している語学学校です。そのコースの多さは、セブ島のみならず主要留学先の中でも上位にくるほどです。

ネイティブESLコースでは、アメリカ人2名とイギリス人1名の授業を圧倒的な低価格で受けることが可能です。また、3Dは「快適な留学」に対する投資を惜しみなく続けており、学校内のwi-fiはなんと100Mbpsを超えてくる速さです。(日本の一般家庭のwi-fiは25Mbps程度)ちなみに、このwi-fiの速さは企業秘密だそうです。

そして、留学ならではの国際交流経験も多く積むことが可能です。3Dでは、日本の他に、台湾、タイ、韓国、ロシア、中東などからも生徒を受け入れており、学校内だけでもかなり多国籍の友人が出来ます。

第3位 Four Word English Studio(※期間限定!)

2019年4月1日に新規開校する語学学校Four Word English Studioです!

4wordの新規オープンキャンペーンで留学すると、授業料がなんと半額になります。そんな4wordの特徴は、第二言語習得論という学問に基づいて開発された独自メソッドです。

これまでの英語教育で英語の伸びを実感できなかった方、精神論ではなく、科学に基づいた最も効率的な方法で英語を伸ばしたいという方におすすめです。

セブ島留学は「安かろう悪かろう」なのか

上述しましたが、価格は常に相対的なものです。

収入のない学生にとって25万円は大変高い金額です。逆に十分な収入がある方にとっては25万円で留学は安いと思われるかもしれません。

では、セブ島留学に4週間で25万円払う「価値」があるのかを考えてみましょう。

私は留学エージェントですが、正直にこう言います。

価値のある人とない人がいる。もしくは、価値を感じられる人と感じられない人がいる。

留学する価値のある人とはどんな人か

「旅行でくればよかったんじゃない?」

と言いたくなってしまうような留学生は正直多いです。もちろん全員がそうである訳ではありませんが、留学にきているのに勉強せず遊び歩いている人や、授業に全く出なくなってしまう人もいます。

こんな方達がセブ島留学に25万円を払うのは非常に高いです。そして、側から見ていると、彼らが25万円分の恩恵を受けているとは到底思いえません。旅行でくれば半額で足りただろうに、と思ってしまうのが正直なところです。

反対に、一生懸命勉強している方も多くいます。そんな彼らは、その環境に25万円支払うだけの価値を見出しているはずです。

つまり、本当に留学でなければできないことなのか、留学の目的はなんだったのかを卒業するまで明確に意識すれば25万円支払う価値のある経験になるはずです。

結論

安かろう悪かろうは、サービスを享受する人によって変わるので一概には言えない。ただし、弊社がご紹介する語学学校はどこもクオリティは非常に高いことはお約束します。

まとめ

以上、セブ島留学の費用についてでした。

具体的なセブ島留学に関するご質問等はお問い合わせからお願いします。

お問い合わせ

最初に読んでほしい記事④セブ島の治安について

2019年3月17日