最初に読んでほしい記事②フィリピン人の英語について(訛りなど)

最初に読んで欲しい記事

こんにちは、セブルートエージェント代表の和久井港(@misanwakui)です。

当記事では、留学を検討している人の不安としてよく耳にする「フィリピン人の英語」についてご紹介しています。

「セブ島留学を考えているが訛りがきついとだめだ」

「自分はアメリカ人みたいな英語が話したいんだ」

という方はぜひこの記事をお読みください。

もくじ

  • イギリス・オーストラリアの方が訛りは強烈です
  • 実はフィリピン人の英語はアメリカ由来
  • フィリピン英語の訛りについて
  • 日本の和製英語のフィリピン版も存在する!?
  • まとめ

イギリス・オーストラリアの方が訛りは強烈です

まず百聞は一見に如かずということで、こちらの動画をご覧ください。

こちらはオーストラリア人の英語です。

この動画の方は分かりやすくゆっくり話してくれているようですが、初めてTOEICリスニングでオーストラリアの英語を聞いた時は、まるで中国語を聞いているようで1単語も聞き取れずに苦戦したことを今でも覚えています。

その後、TARGET Global English Academyのカリキュラムデベロッパーの方に教わった学習方法でなんとか聞き取れるようにはなりましたが、今でも初見では「んっ?」となることがしばしばあります。

続いて、ブリティッシュアクセントの動画をご覧ください。

ものすごい美人ですよね。そんなわけで昔からよく見ているチャンネルなのですが、こちらの方はイギリス人のブリティッシュアクセントです。

やはり英語の先生だけあってかなり聞き取りやすい英語を話しています。

ただ私は「世界一キライなあなたに」という映画を観ていたらあまりに強烈なブリティッシュアクセントで酔ってしまった経験があります。

最後に、フィリピン人の英語をお聞きください。

私が普段フィリピン人と話しているからなのか、それともフィリピン人の英語が自分にとって聞きやすかっただけなのかはわかりませんが、やはり個人的にはフィリピン人の英語が一番聞き取りやすいですね。

あと、重要な点として、フィリピン人は英語を第二言語として習得しています。フィリピン人の母語はタガログ語、セブ島ならビサヤ語です。

つまり、フィリピン人にとっての英語は、日本人にとっての英語と同じです。生まれた時から英語を話せる訳ではなく、勉強した末に英語を喋れるようになったということです。

みなさんはオーストラリア、イギリスそしてフィリピンとどの英語が一番聞き取りやすかったですか?

例として挙げた動画ではみなさんとても綺麗な英語を話しているので分かりづらかったかもしれませんが、ご自身でも各国の英語を聞き比べてみてください。

実はフィリピン人の英語はアメリカ由来

フィリピン人の英語は実はアメリカ由来の英語です。

というのも、フィリピンという国の歴史を見ていくとその理由が分かります。ざっくり説明すると、フィリピンは昔アメリカの植民地でした。そのもっと昔はスペインの領土でしたから、今でもフィリピン語にはスペイン語が混じっているそうです。

そのアメリカ植民地時代に、アメリカから約1,000人の英語講師がフィリピンに派遣され、フィリピン人に英語を学ばせました。その後、日本の支配下になったりと色々ありましたが、第二次世界大戦後は、フィリピンでは英語とフィリピン語を主とする教育政策が行われたことで、現在でもほぼ全てのフィリピン人(大卒程度の教養があるフィリピン人)が英語を話せるようになっています。

フィリピン英語の訛りについて

多くの日本人英語学習者が気にする訛りについてですが、まず訛りとは何かという話になります。

ある地方特有の発音。標準語・共通語とは異なった発音。コトバンク

英語は色々な国で話されている言語です。今多くの人がスタンダードとしているアメリカ英語についても、アメリカの歴史を見ていくとわかりますが、アメリカ原住民が話していた言語は英語ではありません。

ですから、どの国の英語を標準とするかによって、「訛り」の捉え方は大きく異なってきます。例えばイギリスだと、身分によって話す英語のアクセントが変わってきますし、アメリカでも南部訛りというものは存在します。

結論として、英語でもっとも重要なのは、訛りよりも通じる英語かどうかです。

日本人の英語はネイティブには分かりづらい英語として認知されています。日本語の発声と英語のそれがあまりにも異なるためとされていますが、フィリピン人の英語は欧米諸国でも確実に通用する英語です。

その証拠に、セブ島には多くの欧米企業(コールセンター)があり、そこで働いている人の多くは当然フィリピン人です。

欧米諸国がコールセンターという、英語のみを使う事業をフィリピンで行っているということは、つまりフィリピン人の英語力の高さの証拠ではないでしょうか?

日本の和製英語のフィリピン版も存在する!?

日本には多くの和製英語が存在しています。

  • キーホルダー
  • オフィスレディー
  • サラリーマン
  • ガソリンスタンド

上記は代表的な和製英語であり、ネイティブには通じません。

フィリピンにもフィリピンでしかあまり耳にすることのない英語が存在します。

  • コンフォートルーム(バスルームのこと)
  • Sir(イエッサーのサーを日常的に使う)

などなどです。

色々な英語に触れるのは英語学習者にとってはとても良いことです。ぜひ能動的に調べてみてください。

まとめ

以上、フィリピン人の英語についてでした。

多くの日本人は訛りはうつるのか?ということを気にしていると思いますが、基本的にうつることはほぼありません。というか、フィリピン人の訛りを気にする以前に、日本人の話す英語は全般的に強烈な日本訛りの英語ですので、あまり心配する必要はないです。

たまに日本にいても関西弁の人とずっと話しているとうつったりすることはありますが、それがずっと続くことはないですよね。それと同じ程度です。

あとはどうしてもフィリピンにいながらもアメリカンアクセントを習得したいという方は、各語学学校にあるアメリカンアクセントのクラスを受講することをおすすめします。

TARGET Global English Academy、3D Academyにはアメリカンアクセントのクラスがあります。

詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

最初に読んでほしい記事③セブ島留学の費用について

2019年3月17日