夫婦でセブ島留学「英語がこんなに楽しいとは・・」遠藤さんご夫婦のお話

学校ギャラリー

マアヨン〜!

セブ島の和久井港(@misanwakui)です。

セブ島で第二の人生を。語学学校CEGAの留学生忠さんにインタビュー

2018年11月8日

(↑)こちらの記事ではセブ島で第二の人生を計画をしている忠さん(50)にインタビューの協力をしていただきました。セブ島留学は若い方だけでなく、シニア世代からも人気だということがよく分かりました。

そして今回はなんとご夫婦でセブ島留学に参加している遠藤さんご夫婦にインタビューをさせていただきました!しかも、今回で3回目のセブ島留学だそうです!

もくじ

  • なぜセブ島留学
  • なぜ留学しようと思ったのか
  • 英語に関する新しい発見
  • CEGA(セガ)のいいところ
  • CEGA(セガ)の直して欲しいところ
  • 遠藤さんから「ひとこと」
和久井
夫婦で留学かあ、、、いいなあ。私は結婚すらできないような気がするなあ。
鵜飼さん
・・・

なぜセブ島留学

遠藤さんご夫婦(まさよしさんとかおりさん)
フィリピンが世界第3位の英語公用国ということと、マニラに比べて治安が良いからです。あとは日本からも近く、セブ島留学は他の国の留学と比べても安いです。

なぜ留学しようと思ったんですか?

遠藤さんご夫婦(まさよしさんとかおりさん)
英語を活かして東京オリンピックのボランティアをやりたいと考えています。

英語に関する新しい発見

和久井
CEGAに来て何か新しい英語に関する発見はありましたか?
遠藤さんご夫婦(まさよしさんとかおりさん)
こんなに英語が楽しいとは知らなかったです。学校の英語の授業とは全く違っていて、会話が楽しいです。マンツーマンで先生とずっと話をしているので、他の国に行って英語で話かけられても抵抗がなくなりました。

実は英語が嫌いだった

和久井
もともと日本でも英語の勉強というか、英語はやっていたんですか?
遠藤さんご夫婦(まさよしさんとかおりさん)
英語には全く興味がありませんでした。正直、英語は嫌いでした。2人とも理系出身なんです。
和久井
ええ、そうなんですか・・。でもCEGAにくるのは3回目ですよね。
遠藤さんご夫婦(まさよしさんとかおりさん)
3回目です。CEGAはテキストの勉強だけではなくて、会話を重視しているのでそこが面白いです。

セブ島の語学学校CEGA(セガ)のいいところ

遠藤さんご夫婦(まさよしさんとかおりさん)
年配の人も受け入れてくれるし、若い人もいるし、リピーターもいるので多くの人との交流が自然と生まれるところだと思います。学生メインの語学学校と違って、いろんな世代の方がきています。あとは先生が長いところです。CEGAには何回来ても毎回同じメンバーがいますし、自分の苦手なところを重点的にやってくれます。

CEGA(セガ)の直してほしいところ

遠藤さんご夫婦(まさよしさんとかおりさん)
食事は素晴らしいと思います。強いていえば、建物が古いところです。でも住めば都で、慣れるし、フィリピンはそういうもんです。

遠藤さんご夫婦から「ひとこと」

若い世代の人たちにひとこと

和久井
若い世代の人たちに何かひとことお願いします。
遠藤さんご夫婦(まさよしさんとかおりさん)
フィリピンの環境というのは、都会でもあるし田舎でもあって、金持ちもいて貧乏人もいて、世界の縮図が見える場所です。いろんな意味で、経験として、シンガポールや香港などの都会だけではなく、貧乏を見ると物事の考え方が変わってくると思います。貧乏だから、と拒否するのではなく、それはチャンスでもあると思います。
和久井
なるほど。ちょうど若い世代の私ですが、確かにそう思います。フィリピンは本当に「世界の縮図」だと思います。

同年代で留学を考えている方に

遠藤さんご夫婦(まさよしさんとかおりさん)
どうしても同じ業界の人としか付き合いがなくなってしまうと思います。仕事で海外に行っても同じ業界の人で、狭い世界での付き合いしか無くなってしまいます。ぜひそういうところを飛び出して、違う業界、年代と交流して、日々経験して、若い人に教わることもあるので新鮮な気持ちになります。どうしても年を取ると小さい世界で生きてしまいますから。若い人の考えはおもしろいです。忘れていた物を思い出させてくれる。
和久井
本日はご協力ありがとうございました!
遠藤さんご夫婦(まさよしさんとかおりさん)
ありがとうございました!